*

パーキンソン病

インターネット フリースクール
SITEMAP COLUMN PROFILE COGNITION THESIS
HOME
CDI学園 
入学案内
オリエンテーション
キャンパス
学園生活
なんでも相談室
オープン キャンパス
ホームルーム
クラブ活動
図書室
保健室
音楽室
放送室
園長室
しょうがっこう
中学校
高等学校
癒しのメルヘン
野原のメルヘン
清森のメルヘン
水晶のメルヘン
天使のメルヘン
追憶のメルヘン
星屑のメルヘン
しゃぼん玉
ガラスの森
アヒルのめがね
酉の風速計
豚の保安官
鋏の兵隊
そら飛べ
化粉症
怪獣ごっこ
サーカス
ファンタジー
童話
心のふるさと
CDI大学
CDI大学院
AESTHETIC
ART
BIOLOGY
CHEMISTRY
E.-B. Medicine
ECOLOGY
ECONOMICS
ENGINEERING
ETHNOLOGY
ETHICS
GEOGRAPHY
HISTORY
LAW
LITERATURE
MATHEMATICS
MEDICINE
PHILOSOPHY
PHYSICS
脳科学
メールマガジン
編集室

INFORMATION

CDI学園


はじめに
パーキンソン病は、脳の姿勢を伝達する指令がうまく出ないために
生じます。薬が極めて良く効くケースが多いのであまり心配される
ことはありません。
手術もありますから、治療できる病気の一つと考えて下さい。
特定疾患の一つに指定されていて、治療費の補助もでます。
人口10万人につき100〜120人くらいと言われ、決して珍しい病気
ではありません。
他の脳等の病気もありますので、脳神経内科を受診して、検査を
受けて下さい。

ベンチのある公園
[さあ!こころの旅に出かけましょう!]

パーキンソン病の簡易チェック
□手足が何もしないでもふるえる。
□歩行が他の人よりやけに遅くなった。
□動作が鈍く下手になる。 簡易チェックに該当した方は細かいチェックをして下さい。

パーキンソン病のチェック方法
□何もしていないのに手足がふるえる。
□何もしていないのに右手がふるえる。
□何もしていないのに右足がふるえる。
□何もしていないのに左手がふるえる。
□何もしていないのに左足がふるえる。
□指先で丸薬を丸めるような動きをする。
□やけに筋肉が強張り、カクンとなる。
□動き出すまでにやけに時間がかかる。
□動作がのろくなり、着替えに30分以上かかる。
□体をまっすぐ伸ばすと後ろに倒れそうになる。
□歩行がすりあしで、小刻みに歩く。
□急に歩行を止めることができない。
□急に止まると、つんのめる。
□便秘が多くなった。
□立ちくらみを起こしやすい。
□トイレがやけに近い。
□気分が晴れない。
□注意力がない。
□やけに転ぶようになった。
簡易チェックや細かいチェックに思い当たる方は速やかに
脳神経内科を受診しましょう。
特に、進行が急速に進む疾患ではありませんが、日常生活に
支障をきたします。治療によって、もとのくらしを一日でも早
く取り戻して下さい。
医師には、どのチェック項目に該当したか、話して下さい。
付き添いが必要な場合が多いので、受診するときは家族の人な
どといっしょに病院へ行きましょう。
脳神経内科が見つからない場合は、主治医に紹介状を出してもら
い専門の病院を受診して下さい。

パーキンソン病の原因
1.脳内の黒質という部分で、自分の意思で行う運動に使う神経伝
達物質のドーパミンが作られています。
2.神経伝達物質は、脳の指令を他に伝えるホルモンなどです。
3.黒質で作られたドーパミンは、大脳の線条体という部分に送ら
れます。線条体にはアセチルコリンという神経伝達物質もあり、この
2つホルモンのバランスで体を動かしています。
4.パーキンソン病になると、ドーパミンを作る黒質の神経細胞が
減って、線条体にドーパミンを遅れないために、体を動かす指令が
出しにくくなるのです。
パーキンソン病の治療方法
薬を正しく服用して、できるかぎり日常生活を自分でできるよう
にします。場合によっては、手術を受けます。この場合、本人が
納得したら手術するようにしましょう。

歩行の仕方
・最初に腕をゆっくりと大きく振ります。
・一と自分に号令をかけてゆっくりと足を前に出します。
・踵をゆっくり地面に付けます。
・二と自分に号令をかけてゆっくりと足を前に出します。
・踵をゆっくり地面に付けます。
・三と号令をかけながら足を見て動いていることに集中します。
・踵をゆっくり地面に付けます。
・ゆっくりと言いながら歩きましょう。
・もし、早足になりそうなら止まりましょう。

姿勢の保ち方
・壁に背中を付けてまっすぐ立ち上がりましょう。
・壁の前で倒れるときに手を出す練習をしましょう。
・この練習を繰り返し行って下さい。

会話の仕方
・自分で心にゆっくりと念じます。
・話したいことをまとめます。
・ゆっくり、ていねいにしゃべりましょう。
・言葉が出なくなったら、肩を上に上げながら深く行きを吸います。
・ゆっくりと吐き出して下さい。
・ゆっくりと念じながら、先ほどの仕方を繰り返します。
・テレビのアナウンサーの声に合わせて、言ってみましょう。
・新聞を朗読しましょう。

食事のコツ
・オレンジジュースといっしょに薬を飲みましょう。
・野菜を茹でて、一度ぎゅっと搾り、たくさん食べましょう。
・朝、昼はタンパク質を食べるのを止めて夕食取りましょう。
・アミノ酸を夕食後飲んで足すのも良い方法です。

日常生活のコツ
・何回かに分けて散歩をしましょう。
・家の中を行ったり来たりするのも良い方法です。
・仕事や趣味は続けてやりましょう。
・クーラーで体を冷やしすぎないように注意して下さい。
・日光の当たるところに長時間いないようにしましょう。
・薬は医師の指示に従い。
・様子がおかしいと思ったら医師の診断を受けて下さい。
ストレスをためない方法
・面白い、楽しい話を家族といっしょにたくさんしましょう。
・お笑いや落語を毎日楽しみましょう。
・ユーモアや人情味のあるドラマや映画をみましょう。
・気持ちの良い音楽を楽しみましょう。
・自分の体のリズムを理解し、心と体をコントロールしましょう。
・パーキンソン病の症状を理解し、心身をコントロールしましょう。


おわりに
どの疾患も同じですが、決して絶望しないで下さい。
パーキンソン病については、L−ドーパという極めて良く効く薬
が開発されており、症状が安定して、もとの生活が送れるように
なりました。
ドーパミンとアセチルコリンのバランスの異常と考えられており、
治療方法がさらに向上すると思われる病気の一つです。


『三つのお願い!』
?T.こころを軽くしよう♪
?U.こころを楽しくしよう♪
?V.こころをやさしくしよう♪

[Mail:info@cdin.com]
Copyright (C) CDI Online University,
All Rights Reserved.
診断方法
薬物療法
行動療法
自律訓練法
箱庭療法
家族療法
芸術療法
運動療法
遊戯療法
親の会
カウンセリング
アセスメント