HOME
心理療法
診断方法
薬物療法
行動療法
自律訓練法
箱庭療法
家族療法
芸術療法
運動療法
遊戯療法
親の会
カウンセリング
心理アセスメント
相談室
身体性疾患
慢性疲労症候群
意識障害
痙攣(けいれん)
頭痛
発熱
めまい
嘔吐
呼吸困難
腰痛症
気管支喘息
腹痛
心因性疾患
適応障害
不安障害
不登校
引きこもり
いじめ
学校恐怖
学習障害
睡眠障害
摂食障害
気分障害
人格障害
心身症
自己臭症
統合失調症
強迫障害
パニック障害
感受性訓練
内分泌精神症候群
パーキンソン病
集団療法
薬局で買える薬
薬の副作用
障害を持って生きる
家庭看護
自殺予防
ボランティア募集
国際青少年交流
災害対策マニュアル
笑待席
事例研究
ニュース
いのちの電話

学校恐怖

School phobia


はじめに
学校恐怖(対人恐怖・対人緊張)の人は、「強気と弱気の相反する両面の性格」をあわせもっているため、思考を統合しにくいものと考えられます。言いかえますと「高いプライド」と「低い劣等感」の両方をあわせ持っています。
症状の特徴として、数ヶ月だけ生じ、すぐ治癒する軽症のものから、統合失調症の前期症状として生じる重症のもまで広範にわたる場合もあります。
軽症のものでは、自律訓練法や認知行動療法で軽快する場合が多く、統合失調症においては薬物療法を用いて治療する必要があります。

?T 不登校傾向のチェック
1 身体面
?@ 毎日眠いですか?
?A すぐに横になって休みたいですか?
?B いつもだるいですか?
2 精神面
?@ 大声を出して暴れまわりたいですか?
?A 根気がなくボーッとしますか?
?B イライラしますか?
?C 考えがまとまらないですか?
?D 夜眠れないですか?
?E いくつか該当する場合は至急専門医をお尋ね下さい。

?T 学校恐怖症発症時の生活とこころの状態
1 絶対安静期⇒アドバイスしない。⇒登校刺激は控える
?@ 37度前後の微熱
?A 頭痛
?B 朝おきてこない
?C 昼過ぎまで寝ている
?D ずっとパジャマのままでいる。
?E テレビ、ゲーム、マンガを見て過ごす。
?F 外出はしない。
?G 部屋の掃除をしない。
?H お風呂に入らない。
?I 電話に出ない。
?J 尋ねてきても人に会わない。
?K 家族と話をしない。
?L 家族と口をきかない。
?M 食事を自分の部屋で取る。
?N 終日引きこもる。
1-1 感情の混乱・固く心を閉ざす・孤独・苛立ち・反抗・無気力・抑うつ
?U 神経症性の復学へのステップ
1 不穏期  ⇒そっとしておく  ⇒登校刺激はしない
?@ 家族と口をきくようになる。
?A 家族といっしょに食べるようになる。
?B お風呂に入るようなる。
?C 部屋の掃除をするようになる。
?D ゲーム・テレビ・深夜放送・マンガ・新聞雑誌・インターネットに熱中
2-1  
2 無為期  ⇒認知行動療法開始 ⇒段階に応じて登校刺激
?@ 外出できるようになる。
?A 意欲回復期⇒アドバイス    ⇒スピードを調整して登校刺激
?B 電話、メール、手紙、学習
3 登校再会期⇒コーチング    ⇒登校刺激を行う。
?@ カウンセリング・授業・部活に出席
?A 友人と買物・映画・カラオケ
4 再不適応期⇒コーチング    ⇒外部より登校刺激
?@ 友人からのメール・電話、先生からのメール・電話
5 登校期  ⇒セルフコーチング ⇒自己による登校意欲の調整
 
?V 留意点
1 治療上の留意点
?@ 緊急時(入院または往診の依頼)
?A 一時的に薬局の薬剤師と相談し鎮静剤、睡眠薬等の服用 
?B 病院の選定、往診の依頼、病因の特定
?C 学校への対応
?D 保健所、警察、行政機関への相談
?E スクールカウンセラー・認知行動療法カウンセラー等
?F 家庭の雰囲気を明るくする(犯人探しをして暗くならない。)
?G マッサージ・整体・整骨医
?H 本人の自覚・自主性・主体性の回復を待つ(楽観的に待つ!)
?D 電話相談・通院・親の会参加・デイケア参加
?E フリースクール参加・
?F 心理的アプローチ
?G 生活習慣の改善(栄養改善・運動改善・睡眠の改善)
?H コーチング実施
?I 登校刺激実施(現実性獲得訓練)
?J サポート実施(心理状態の知識教育)
?K 社会教育訓練(ケンカ・対立・競争・冒険・危険への対応)
?L 不登校の原因が特定しにくいときはあまり深く追求追求しない。
?M 家族間に問題がある場合でもお互いに責め合わない。
?N 学校に問題がある場合でも感情的にならない。

?W メンタルヘルスの対応
?@ 医療機関で心理検査、診察、治療を受ける。
?A カウンセラーの治療を受ける。
* 病院のカウンセラー
* スクールカウンセラー
* 心理相談室のカウンセラー
?B 医師、カウンセラーの指示を受けて介護する。
?C 隣近所に応援を頼む
?D 学校の教育的対応を依頼する。
?E 相談治療機関に介護方法のアドバイスを受ける。
?F 社会・行政に相談する。
* 介護に詳しい親の会に参加する。

?X 介護者の自学自習
?@ インターネットで知識の吸収
* プログで患者さんの気持ちを熟知する。
* 病因・病状についての知識をもつ
* 親の会へ参加する。(メール交換)
* フリースクール活動等を研究する。

?Y 介護方法
?@ 自分で無理に荷を負わない。
?A 家族で交替して介護する。
?B 医師・カウンセラーに任せるところは任せる。
?C 学校に任せるところは任せる。
?D 看護者の健康を保つ
?E 他の家族を無理に引き込まない

?Z 専門の臨床家
?@ 心理検査・カウンセリング・各種療法・問診のある病院を選ぶ
?A 専門家の意見を学校に反映させる

?[ 不登校のまとめ
?@ 安らげる居場所づくり
?A 専門家の治療
?B 自立心を養う 
?C 多様性のある教育
?D 調和のある教育


*http://www.4kouza.net/beauty/hikikomori/index.html       <
参考文献
こころの医学辞典 講談社
心理学辞典    有斐閣
河合隼雄著作集  岩波書店
学校臨床心理学  放送大学大学院教材
児童心理1994年10月増刊 不登校・登校拒否ハンドブック
ひきこもり    サイエンス社
ひきこもりからの旅立ち ハート出版
学校不適応とひきこもり こころの科学 日本評論社








*


Copyright (C) CDI Online University, All Rights Reserved.