HOME
診断方法
薬物療法
心因性疾患
適応障害
不安障害
不登校
引きこもり
いじめ
学校恐怖
学習障害
睡眠障害
摂食障害
気分障害
人格障害
心身症
自己臭症
統合失調症
強迫神経症
パニック障害
感受性訓練
内分泌精神症候群
パーキンソン病
集団療法

薬局で買える薬

神経系のくすりNO.1



薬の種類は、鎮静薬・睡眠鎮静薬・眠気防止薬・生薬・漢方配合薬(精神神経)・小児用(精神神経)です。
★購入時の注意事項
1.購入時に薬剤師に告げること
2.持病
3.アレルギー
4.現在使用中の薬
★服用前注意事項
1.1日または1回の服用量の確認
2.服用時間の確認
3.服用回数の確認
4.服用期間の確認
5.医師の指示の確認
6.薬剤師の指示の確認
7.効果・効能の確認
8.成分の確認
9.使用期限の確認
10.副作用の確認
11.メーカーのホームページで薬の服用方法、効能、成分のデータ確認
12.患者さんの飲まれた状態を書いたホームページ、サイト、プログを確認。
13.疑問があるときは、そのサイトの方にメールで確かめる。
服用は必ず薬剤師の処方に従って服用して下さい。
A,薬局で買える薬      
ー鎮静薬ー
薬品名   [製薬メーカー名]     
1.アロバノール[全薬工業]      
2.イララック[小林製薬]     
3.ウイット[伊丹製薬]     
4.ノイロホルテ[オール薬品工業]     
5.メンテック[エーザイ]     
6.メンテックハーブ[エーザイ     
睡眠鎮静剤     
1.ウット[伊丹製薬]     
2.ドリエル[エスエス]     
3.レステイ[大正製薬]     
生薬     
1.宇津救命丸[]     
2.快眠精[]     
3.漢方ナイトミン[]     
4.仁壽[]  http://www.tcn.zaq.ne.jp/akawd108/kusuri-huann.html   
★服用後の確認
1.発熱の有無
2.過敏症の有無:発疹、光過敏症、悪性症候群
3.手・指のふるえ、筋肉のこわばり・硬直、よだれ
4.顔面・首のけいれん
5.食欲の著しい亢進や減退、腹痛、下痢、便秘
6.貧血、血圧の低下、不整脈、心臓がおどる、心臓が痛い、心臓病の悪化
7.目が見えにくい、目がかすむ、目がぼやける
8.口の渇き、鼻づまり、極度の倦怠感、むくみ、皮膚の色素沈着
9.排尿障害、頭痛、むくみ、不安、興奮
★指示された検査は必ず受けて下さい。
1.血液検査等を受ける。
副作用確認時の対応
1.使用を中止して、医師に相談して下さい。
2.使用を中止して、薬剤師に相談して下さい。
3.使用を中止して、メーカーに相談して下さい。
メーカー確認
使用できない場合
1.精神病薬を使用して過敏症状をおこしたことのある人
2.アレルギー剤のある方
3.昏睡状態の人
4.脳炎・脳腫瘍・頭部外傷後遺症などの脳障害のある人
5.妊娠または妊娠の可能性のある人(母乳で授乳中の人などは使用できないことがあります。
6.飲酒・酩酊しているとき(抗精神薬の服用中は禁酒して下さい。)
使用に注意を要する場合
1.肝臓病、血液障害、褐色細胞腫、動脈硬化、心臓病、重症の喘息、呼吸器感染症、てんかんなどの病気のある人
服用中の注意事項
1.自動車の運転
2.高所作業
3.激しい運動
4.強い直射日光
5.高温     
副作用
服用は必ず薬剤師の処方に従って服用して下さい。
インターネット内の薬局で販売されている薬品名
服用は必ず薬剤師の処方に従って服用して下さい。
効能・効果、用法・用量、成分、使用期限を必ずお読み下さい。
本人が判読できない場合は、介護者が服用の安全性を確認して下さい。
本書は緊急時に薬局の薬剤師に相談されて購入するこを目的に記述されています。
注意)このページは筆者による治療方法の表示ではありません。
★副作用等を考慮して自己責任で服用して下さい。







*


Copyright (C) CDI Online University, All Rights Reserved.