HOME
身体性疾患
慢性疲労症候群
意識障害
痙攣(けいれん)
頭痛
発熱
めまい
嘔吐
呼吸困難
腰痛症
気管支喘息
腹痛

気管支喘息

気管支喘息(Chronic Fatigue Syndrome)


はじめに
喘息の患者数は世界的に増加傾向にあります。
その理由は、家庭内の塵、ゴミ、ダニ、カビ、ペット、食物
車による大気汚染、農薬、化学物質、建材、喫煙、公害、煤煙
粉塵、花粉等の増加により気道の炎症や過敏症になりやすい
ものと考えられています。
これらに加えて、競争社会、社会の歪みがストレスに弱い人に
過負荷となっているものと思われます。
喘息は遺伝的な要因の強い病気ですが、後天的にも生じ、
ストレスがうまく発散されない状態が長く続くと、自律神経、
内分泌系、免疫系の機能障害が発生し、喘息の前段階が起こる
ものと考えられています。

気管支喘息の症状
発作的に繰り返し起こる呼吸困難が主要な症状です。
気管支喘息特有なゼーゼーという呼吸音の咳や喘鳴(ぜんめい)
があります。
重症の発作では死に至る場合もあります。
慢性化すると日々の生活に支障をきたします。

治療方法
1.薬物療法(薬物療法における薬剤例)
気管支喘息治療剤
タゾノラスト製剤
タザノール(鳥居)
タザレスト(わかもと)
気管支喘息の治療に用いられます。喘息発作を予防する薬です。
副作用は、悪心、嘔吐、胃痛、発疹、かゆみ、腹痛、下痢、
胸やけ、倦怠感、ねむけ、頭痛、めまい、動悸、排尿困難です。
一日三回カプセルで服用します。
交感神経刺激気管支拡張剤
塩酸イソプレナリン配合剤
アスプール(アズウェル)
イソパール・P(科研)
塩酸エフェドリン製剤及び配合剤
アストモリジンD(マルホ)
アストモリジンM(マルホ)
エフェドリン(純生、大日本)
塩酸エフェドリン(三和化学、純生、丸石)



























2.副腎皮質ホルモン剤(ステロイド・ホルモン剤)
副腎皮質ホルモンは、痛みに非常に良く効きますが長期服用により
緑内障、白内障、胃、十二指腸潰瘍、糖尿病の悪化、感染症にかか 
りやすくなったりします。
酢酸コルチゾン製剤
コートン(萬有)
酢酸パラメタゾン製剤
パラメゾン(田辺)、
酢酸フルドコルチゾン製剤
フロリネフ(ブリストル)
デキサメタゾン製剤
コルソン(武田)、デカドロン(萬有)、デキサメ(同仁)
デキサメサゾン(旭化成、オルガノ、大洋、日新製薬、扶桑)
デキサメサゾンE(東和)
ミタゾーン(ファルマー)
トリアムシノロン製剤
レダコート(ワイスー武田)、
ヒドロコルチゾン製剤
コートリル(マルコーファイザー) 
プレドニゾロン製剤 
プレドニゾロン(旭化成、イセイ、日本ガレン、三恵、三和化学 
純生、竹島、武田、東和、東洋ファルマー、ニプロ、丸石、メルク
陽進堂)
プレドニン(塩野義)
プレドハン(ニプロ)
プレロン(大洋)
ベタメタゾン製剤及び配合剤
アプシラジン(ハイゾン)
エンペラシン(メディーサー沢井)
クルコデミン(大正、日本化薬)
サクコルチン(日医工)
ステラロールB(わかもと)
セレスターナ(小林化工)
セレスタミン(シェリング、プラウ)
ターゲロン(辰巳)
ヒスタブロック(共和)
ビヘルス(太田ーテイコク)
プラデスミン(大洋)
ベタセレミン(東和)      
ベータメサ(同仁)
ベタメサゾン(沢井)
ベタメタゾン(沢井)
リネステロン(扶桑)
リデロン(塩野義)
メチルプレドニゾロン
メドロール(住友ーファイザー)
 
2.インドメタシン系製剤
アセメタシン製剤
コバメタシン(小林化工)
ランツジール(興和)
インドメタシン製剤
インドメシン(興和、中外医薬、テイカ)
インダシン(萬有)
インテダール(長生堂)
インテバン(住友)
インテバンSP(住友)
インデラニック(大洋)
インデラポロン(摩耶堂ー日本ガレン)
インドメタシン(イセイ、シオエ、竹島、鶴原、日本新薬、久光、
陽進堂)
インドメタシンS(帝三)
インドメタシンSP(マルコ)

薬物療法は、必ず医師の処方により実施して下さい。特に、服用
には注意が必要です。

まとめ


















*


Copyright (C) CDI Online University, All Rights Reserved.