*

龍安寺

石庭
SITEMAP SITEMAP COLUMN PROFILE COGNITION THESIS
HOME
CDI学園 
入学案内
オリエンテーション
キャンパス
学園生活
なんでも相談室
オープン キャンパス
ホームルーム
クラブ活動
図書室
保健室
音楽室
放送室
園長室
しょうがっこう
中学校
高等学校
癒しのメルヘン
野原のメルヘン
清森のメルヘン
水晶のメルヘン
天使のメルヘン
追憶のメルヘン
星屑のメルヘン
しゃぼん玉
ガラスの森
アヒルのめがね
酉の風速計
豚の保安官
鋏の兵隊
そら飛べ
化粉症
怪獣ごっこ
サーカス
ファンタジー
童話
心のふるさと
CDI大学
CDI大学院
AESTHETIC
ART
BIOLOGY
CHEMISTRY
E.-B. Medicine
ECOLOGY
ECONOMICS
ENGINEERING
ETHNOLOGY
ETHICS
GEOGRAPHY
HISTORY
LAW
LITERATURE
MATHEMATICS
MEDICINE
PHILOSOPHY
PHYSICS
脳科学
メールマガジン
編集室

ハンデキャップをもって生きる


龍安寺の石庭
『流れ行く真白き雲に運ばれてわが眼に見たき竜安寺の庭』
12歳で脊椎カリエスになり小学校も中退せざるを得なかった婦人
の作品です。
体が丈夫だったら修学旅行で見たかもしれない竜安寺の石庭。
石庭の白い庭と雲の白さがとても心に残る短歌です。

龍安寺の石庭
[生きる希望の灯,小さな光を輝かせて!]


この短歌集に随筆が載っていました。
『小さな光を輝かせて』
人はこの世に生まれた時から、それぞれにみんなに与えられた
一本の道があると思う。
昭和16年は戦時下であったため、病院に行ったけれど薬もなく、
栄養価の高いものもとれなかった。
そんな状況で病状は悪化の一途をたどるのみであった。
家が小学校に続く通路に面していたので、元気に登校していく
子供達の姿が見えた。
眺めていると、子供達は私の家の前に来ると、口を抑えて走っ
ていった。
当時、結核はうつると血を吐いて死ぬと恐れられていたからだ。
発病して7年が過ぎ、19歳になったけれど障害者の私には生きる
希望が何もなかった。
毎日考えることは「死」ということだけだった。
そんな中で唯一の楽しみは本を読むことであった。


ある日、世界のベストセラーと言われる聖書を知った。
読んでみたけれど意味が解らなかった。
だが「悲しんでいる人たちは幸いである。その人たち
は慰められる」と書かれた言葉にひかれ、教会に行き、
多くのことを学んだ。
病気や悲しみ、苦しみは決してマイナスばかりではな
いと悟った。
あの三重苦の故に世界の聖女といわれたヘレン・ケラー。
難病に冒されながら「氷点」を書き、多くの人々を光
へと導いた三浦綾子さん、頚椎損傷のゆえに体を動かす
ことができず、口に絵筆をくわえて詩画集を書いている
星野富弘さん等々・・・。
私も20年病んだがストレプトマイシン(注:結核に効果
のある抗生物質)のおかげで結核から解放され、勤める
こともでき、昭和50年には優しい夫と巡り合って結婚、
今は71歳となった。


?T.いまの幸せを見つめて、ゆとりのあるくらしをしよう!
?U.やさしいこころで,ゆったりと楽しいくらしをしよう♪
?V.夢と希望にあふれ、ゆっくり生きましょう!

[Mail:info@cdin.com]

Copyright (C) CDI Online University, All Rights Reserved.
診断方法
薬物療法
行動療法
自律訓練法
箱庭療法
家族療法
芸術療法
運動療法
遊戯療法
親の会
カウンセリング
アセスメント